ちくびの黒ずみ原因を劇的に解消いたします!

ちくびの黒ずみ原因を劇的に解消いたします!乳首(ちくび)乳輪の黒ずみ原因とその対処方法とは?

乳首(ちくび)の黒ずみで悩む女性は、
男性の方は意外!?と思うかも知れませんが、
実は結構多いのです。

ここでは、
乳首(ちくび)や乳輪の黒ずみ原因について
解説していきます。

■乳首(ちくび)・乳輪の黒ずみ原因とは?

(1)加齢

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅くなると、
古い角質細胞と一緒に
メラニン色素が残って肌は黒ずみます。

(2)妊娠、出産、生理などによるホルモンバランの変化

人に依りますが、
妊娠第4週あたりから乳房のハリや乳首が敏感になると共に、
だんだん乳首や乳輪が黒ずんで
茶色っぽい色に変化していきます。

これは女性ホルモンの影響で、
妊娠第20週くらいから急激に分泌が増加します。
この女性ホルモンは、
メラニン色素の色素細胞を刺激するので、
分泌が増加することで肌のメラニン色素が増え、
色素沈着が起こりやすくなります。

(3)授乳

乳首については、
敏感なお肌を保護する働きを持つ
メラニン色素が赤ちゃんの授乳に備えるために
黒ずんでくるとも考えられています。

(4)アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎で
湿疹が頻繁に繰り返されることによって、
炎症後色素沈着が引き起こされ黒ずみとなります。

■乳首(ちくび)・乳輪の黒ずみのセルフケア方法

手軽に始められるセルフケアには、
美白成分を配合した乳液やクリームを使う方法があります。
メラニンの生成を抑えて、
できてしまったメラニンを薄くする成分が
含まれているものを選ぶと黒ずみの改善が期待できます。

また高い効果を望む方は、
黒ずみ専用のクリームやジェル、
ピーリング剤も市販されていますので
上手に活用しましょう。

主な美白成分には、
「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」
「ルミキシルペプチド」があります。

詳しくは、

乳首の美白に効果的な成分とは?』で解説しています。


■乳首(ちくび)・乳輪の黒ずみの治療

より確実な黒ずみの除去を希望される方は、
皮膚科や美容外科などのクリニックがおすすめです。
ハイドロキノンやトレチノイン酸などを配合した
塗り薬を処方してもらったり、
レーザー治療を受けたりすることができます。

塗り薬は、同じ有効成分を使っていても市販のものと
医療用のものとでは量が違う場合がありますので、
より高い効果が期待できます。

レーザーによる治療はとても効果がある反面、
色素脱失により色むらが発生するリスクもあるため、
信頼できるクリニックを選びましょう。

【乳首美白全国ランキング NO.1】はコチラ!

デリケートゾーン訴求

 

サイトマップ